投資を考えたきっかけ


投資にチャレンジしようかなって思った経緯。

何年も考えてはやめ、考えてはやめ・・てきて、投資っていうと、お金持ちがやるイメージだったり、就職活動の時に「先物取引」を知って、すごく怪しい世界だと思ってました。

その後、世間で「株すごいよ!」とか、華やかなところをテレビで紹介してたのが興味を持つきっかけ。
ライブドアとか、ヒルズとか、すごく賑やかだった頃?

その後興味を持って調べてみようかな?と、アクションを起こした10年前。
「あるじゃん」2006年4月号が初めて買ったマネー雑誌。
でもこの時は「こういうものがあるんだ」位で終わって投資じゃなく貯金を見直そうと金利を調べて貯金し直したり。

その次に考えたのは2010年の冬頃。
「株や姫」とか「デイトレ」とか聞くようになって何だろう??って興味を持って、また「あるじゃん」を買って株主優待にどんなものがあるかなど、じっくり読みました。

ほかにも本屋で気になったマンガで勉強。



絵も話もマンガ好きな私にものすごくしっくりくる内容で、初心者向けの堅実な印象。
「簡単に誰でも儲かります!」みたいなのが苦手なので好印象を持ちました。

印象に残った言葉は
 ・わからないことはやらない。
 ・リターンよりリスクから考える。

いつもこんな性格で、わからないこと=興味を持たない。
そして石橋を叩いても渡れません(でもたまに清水から飛び降りちゃいますが)

この本のおかげで
「のんびり長期投資の方向でやってみようかな」と、大分気持ちが確かなものになりました。
貯金してても利息で増えるわけではないし、将来のことを考えて少しでもお金に稼いでもらおうと決心できたのがきっかけです


本を読んでみてわかったこと、感じたこと
・株はなんとなく仕組みがわかった気がするけど高リスクらしい。
・FXは用語を調べてみても仕組みがよくわからない。
・毎日とか頻繁に数値をチェックできない。
・リスクの高さは 預金 < 投資信託 < 株・FX

ということで、全くの初心者なのでローリスクと思われる投資信託から始めました。